デジタル画像相関法(DIC)でCAE精度向上・研究開発 ・製品性能検証・生産技術検証・稼働設備分析を支援

デジタル画像相関法(DIC)出張計測サービス、ソフトウェア・装置販売・保守サポート

資料請求・お問い合わせ

デジタル画像相関法(DIC)サービス

研究開発、設計、生産技術、製造設備に至るまで、デジタル計測(DIC)を活用したサービスを提供することで、設計期間の短縮、設計・製造品質の向上を支援します。

デジタル画像相関法(DIC)の設計プロセスへの適用 デジタル画像相関法(DIC)の生産技術への適用

デジタル画像相関法(DIC)とは

デジタル画像相関法(DIC)は2台のカメラによるステレオ撮影と画像解析により、対象物の変位・ひずみ分布を方向も含めて非接触かつ3次元に測定します。ひずみゲージでは計測が困難な、対象物のひずみ・変位分布を取得することで、設計検証、CAE検証、加工条件検討、 製造設備分析、不良品分析など様々な課題に適用可能です。​​

測定手法

  1. デジタル画像相関法(DIC)計測ステップ1塗装 塗装: 測定対象箇所にスプレー等でランダムなパターンを塗布
  2. デジタル画像相関法(DIC)計測ステップ2撮影 メッシュ形成: ランダムパターンを自動で認識し三次元的なメッシュを生成
  3. デジタル画像相関法(DIC)計測ステップ3分析 変形量計算: 表面の変形からひずみ・変位を計算してマッピング

デジタル画像相関法(DIC)で取得できる値

  • 変位
  • 速度
  • 加速度
  • ひずみ・ひずみ速度
  • 表面形状
  • 移動体追跡(座標変換)
  • 他センサーデータと同時計測
  • 任意点・任意断面出力

デジタル画像相関法(DIC)なら計測できる

大変形中のひずみ・変形

ひずみゲージでは難しいゴム材など軟質材の大変形に追従した計測が可能です。また、非接触で計測を行うため、フィルムやシートなど薄膜材料やファンの回転、機械装置の振動など移動体をキャンセルした計測も可能です。

角材の曲げ試験

落下・衝突・振動時のひずみ、変形

2台のハイスピードカメラと組み合せることで、落下、衝撃、振動など過渡的な現象の計測も対応します。

衝撃時の高速ひずみの伝搬、変位を計測することで、破壊や振動のモードを明らかにすることが可能です。

スマートフォンの落下試験

材料物性の同定

試験の荷重条件と同期することで応力-ひずみ曲線、真応力-真ひずみ曲線、ヤング率、降伏強度、N値、ポアソン比、R値等の物性同定を行います。

DICで同定した材料物性を活用することで、非線形解析の精度向上を支援します。

1軸引張試験

DICを活用したひずみ計測サービス

サービスの流れ

  1. お問い合せ​ お電話またはお問合せフォームにてご連絡ください。
  2. お打合せ お客様から計測の目的、対象、実験条件をヒアリングし、弊社で検討の上、計測を提案をします。
  3. 計測実施 お客様の事業所内、または公的試験所にDIC計測装置を持ち込んで計測します。(数日~1ヵ月)
  4. 分析・報告 計測結果を分析し、報告書の作成を行います。(1週間~)
資料請求・お問い合わせ

デジタル画像相関法(DIC)の活用事例

最新情報

私たちについて

計測融合ソリューション室は、近年発展が目覚ましいデジタル計測技術に精通し、構造計画研究所が従来から取り組んでいるシミュレーション、データ分析、構造設計技術と融合した高付加価値なソリューションを提供することで、製造業・建築土木業の各業界における設計・製造の業務効率化・品質向上を支援します。

デジタル画像相関法(DIC)計測×数値解析(シミュレーション)、データ分析、構造設計

Contact

まずはお気軽にお問合せフォーム、またはお電話にてお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

03-5342-1046 (平日10:00 - 17:00)